塩ビ管水鉄砲のつくりかた~塩ビパイプの面取り~

パイプの面取り

VP25パイプの片方の切断面の内側の“面取り(めんとり)”をします。これはパッキンユニットをスムーズにVP25パイプに挿入するための作業になります。

“面取り(めんとり)”とは?

材料の鋭くとがった角を削って丸めることです。

動画

面取り手順

    1. リーマーの突き出た側をパイプの内側に挿入する
      ☆パイプの外側の角を取るときは、リーマのくぼんだ側を使います。
    2. パイプに押しつけながら回して削る
      ☆リーマー側だけを回していると同じ場所ばかり削れてしまうことがあるので、パイプも少しずつ回しながら削るのがポイントです。

 

塩ビ管水鉄砲のつくりかた

 

作り方・塗装方法はこちら
つくりかたPDF・動画

 

水鉄砲製作ワークショップの日程・申し込みはこちら
ワークショップ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です