【団体のための夏の水遊び】「水鉄砲バトル」の盛り上がるルール6選と当たり判定アイディア

夏の子供向けのイベントで迷ったら「水鉄砲バトル」なんてどうでしょうか?

夏休みの定番の子供の遊びといえば、水遊びですよね。

子供って男の子はもちろん、女の子もほんと水遊びが大好きです。
というか“ある種の中毒的なレベル”で好きです…。

これまで私が開催した“水鉄砲製作ワークショップ”後の“ためし撃ち”でも、自分で作った水鉄砲で飽きずに暗くなるまで遊んでいたのが印象的です。

そこで、夏の子供向けのイベントで迷ったら「水鉄砲バトル」なんてどうでしょうか?
水鉄砲をたくさん用意して、今子供たちに人気のテレビゲーム“スプラトゥーン”さながらチームに分かれてバトル!

これは間違いなく盛り上がります!

さらになんらかのルールを設定してやると、子供たちの「わくわく感」が格段に高まりますよ~!

この記事では大人数の水鉄砲遊びで使えるルールやチーム戦をより盛り上げるためのアイテムをいくつかご紹介します。「子ども会」や「スポーツクラブ」などの団体で水鉄砲イベントを開催したら盛り上がること間違いなし!!

他にもこんな団体での夏休みイベントにおすすめです。

  • ボーイスカウト
  • 子ども会
  • 町会
  • 児童館
  • 学童保育クラブ
  • スポーツクラブ
  • サッカークラブ
  • 少年野球
  • 小学校
  • サークル

盛り上がるチーム戦のルール

さて、次にルールはどういったものが盛り上がるのルールになるでしょうか。
最初は個々がばらばらに撃ち合うだけでも楽しいものですが、だんだん飽きてきてしまいます。そこで、チーム戦のルールがあるとさらに盛り上がります

戦いのルールはBB弾のソフトエアガンで遊ぶサバイバルゲーム、通称”サバゲー”のルールが応用できます。また、これらのルールは「スプラトゥーン」などのテレビゲームなどでも似たようなルールがあるので、子どもたちもすんなり受け入れてくれると思いますよ。

フラッグ戦

お互いのチームのフラッグ(旗)を奪い合うルールです。 相手の旗を獲り、自軍の旗を守りきったチームが勝ちというサバイバルゲームやTVゲームPCゲームではポピュラーなルールです。さらに旗の配置で複数のバリエーションが作れます。

センターフラッグ

フィールドの中央に旗を配置します。先に自陣に持ち帰ると勝ち!フラッグはトロフィーでもペットボトルでも旗でなくてもなんでもOK

攻防戦

旗をどちらかのチームのみに配置し、攻めと守りを最初から決めるルール。

占拠戦

フラッグをあるエリアに持ち込み一定時間守りぬいたチームが勝ち

バトルロワイアル

全員が敵!最後まで生き残ったプレイヤーが勝ちというシンプルなルール。血みどろの乱戦が予想されます。

爆弾解除

攻めと守りに分かれてオフェンスチーム(攻め)はディフェンスチーム(守り)の陣地に爆弾を仕掛け爆発させます。(百均のキッチンタイマー等が使えます。) 爆弾を仕掛けられたディフェンスチームは爆弾を探してタイマーを解除します。 (タイマーを入れた箱にダイアルキーを掛けるなどすると爆弾設置と解除により時間がかかりリアリティが増します。)

爆弾を模したアイテムがあるとより雰囲気がでる (写真は排水管で作った水筒)

ゾンビモード

小さい子供が多い場合、一回の戦いが終わるまで待てない場合があります。そんな時は、やられたら「ゾンビ!」ということにしてみたらどうでしょうか。もちろん「ゾンビ」になったら走れないというルールで、腕を上げて、足を引きずる動作つきで水鉄砲を撃てるということにしてもいいでしょうし、生きてる人間を直接捕まえて倒せるということでも良いでしょう。

(最近の映画のゾンビは走ったり跳ねたり機動力が半端ないですが…。)

「サバゲー ルール」などのキーワードで検索すればこの他にも色々なルールが見つかります。

盛り上がる“当たり判定”方法

水鉄砲で対戦する場合、「やられた」ことをどう判定するかが問題になります。

BB弾のエアガンを使うサバイバルゲームの場合、弾の当たり判定は自己申告制が多いです。 BB弾なのであたると痛いですから、当たったらわかりますし、「いてっ!」と自然と声が出てしまうことすらあります。しかしながら、水鉄砲の場合は当たっても痛くもなんともないので、自己申告制はちょっとなじみません。

そこで、水鉄砲の特徴である“水”に着目した当たり判定アイディアを紹介します。

金魚すくいのポイ

金魚すくいのポイを鉢巻きで頭に固定したり、肩・胸・背中などにひもで固定して完全に破れたら死亡判定です。金魚すくいのポイはAmazonなどの通販サイトで買うことができます。1個あたり20円以下なので最も手間がかからずコスパのいい選択だと思います。

 

薄い紙を使う

単純に水にぬれると破れたり色が変わるような素材を使うアイディアです。

半紙、お花紙、トイレットペーパーなどが使えそうです。 固定方法は単純にテープで貼りつけたり、輪切りの塩ビ管やペットボトルに糊で貼り付けて、ひもを通して固定するなど。

難点は準備が面倒なのとごみが出る点です。 予算があれば金魚すくいのポイを使うと時間がかかりません。

色の変わる紙

これらは色の変わる破れない紙(?)です。 乾けばまた使えますが、すぐに乾いてしまうと勝手に復活してしまいますし、なかなか乾かないと待ち時間が出来てしまうのが難点です。

この商品は完全に水鉄砲で遊ぶためのものなのでなかなか使えそうです。色も2色あるのでチーム戦にちょうど良いですね♪

書道の練習用ですが“ゼッケンアーマ”よりは安いので自分でひもを付けて胸に固定すれば同じように使えるかもしれません。

チーム識別の方法

BB弾で撃ちあうサバイバルゲーム、いわゆる“サバゲー”ではチームを区別するために、色の異なるガムテープを腕や背中に貼り、レッドチーム、イエローチームなどとして初対面同士でも敵味方がわかりやすいようにしています。

 

 

塩ビ管水鉄砲のつくりかた

 

作り方・塗装方法はこちら
つくりかたPDF・動画

 

水鉄砲製作ワークショップの日程・申し込みはこちら
ワークショップ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です